整体師になるには学生の内からどういう道を歩むべきか知る

癒してあげよう

体の不調や疲れはとても辛いものです。だからこそ、体の仕組みを知るスペシャリストとなって人の役に立つ仕事につける仕事を目指すのも良いですね。資格の難易度や混同されやすい整体とマッサージの違いを学んでいきましょう。

整体とマッサージの違い

整体

整体はマッサージと違って、骨へのアプローチをする施術のことを指します。人間の体を支える骨のズレを確認して、体に起きている問題を改善していくのです。

マッサージ

マッサージは、筋肉の緊張をとるために体を揉みます。効果的に揉むことで、血流の流れを良くし、疲れやコリを解消していくでしょう。そういった理由からリンパマッサージが世に浸透していることがわかります。リンパマッサージには資格が沢山あるので、将来開業も視野に入れている学生は資格取得を目指すといいでしょう。

整体師になるには学生の内からどういう道を歩むべきか知る

学生

整体師になるには

整体師になるには、必ず必要な資格があるわけではありません。なぜなら、整体師は民間の資格だからです。しかし、就職や開業を有利にするには資格所得をしていて損はないでしょう。人間の体を専門的に学んでこそ、良い施術が行えるといえます。

男女

専門学校に通ったほうがいいのか

資格取得が絶対条件でないのであれば学校に通わなくてもいいのではないかと思いがちですが、それは違います。整体にくる人々は体に問題を抱えて改善をしたくて来院しているので、整体師にも問題解決を求めているでしょう。体の仕組みや痛みの要因などの知識がないとそれらは解決できないので、専門学校にて学ぶ必要があります。

女の人

資格の難易度

リンパマッサージの資格には、美容部門と医療部門の二種類が存在します。美容は比較的難易度が低めですが、医療部門のリンパマッサージ資格は医療の知識がある人でないと取得できないので、難易度は高いといえるでしょう。

知識が必要となる仕事

人の体の問題を改善するための職業ですから、人間の体のことを知り尽くす必要があります。今からそれらの知識や技術を身につけたいのであれば、自分が何の資格を取りたいのかを明確にしていくと良いでしょう。そうすることで、自然に目的が定まり進学する学校も決まってくると言えます。

広告募集中